結婚式にお呼ばれした際、どんなドレスを着ようかとわくわくしながら悩む女性は少なくはありません。最近では可愛らしいパーティードレスもたくさんあるため、普段着ないものだからこそ選ぶのが楽しくなってしまうものです。しかし冠婚葬祭への列席であるため、服装選び1つにも様々な注意が必要です。パーティードレスとして売られているものならなんでもいいと勘違いしてしまっては、当日恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。またマナー違反の服装は非常に目立つため誰が見ても分かりますし、招待してくれた新郎新婦、そして親族のみなさんに非常に失礼にあたります。どんな服装は避けるべきなのかというマナーをきちんと理解しておくことで、そういったことを避けることができます。

避けるべき服装のポイントとは?

結婚式に着ていくパーティードレスのほとんどがワンピースタイプの人がほとんどですが、まず注意したいのがその色です。清潔なイメージがあるからと言って白色の服装をチョイスするのだけは避けましょう。白色は花嫁さんを象徴する色、つまり主役のための色です。その主役と同じ色を着るというのは新郎新婦に失礼にあたります。少しくすんだアイボリーでも白系なので、避けた方が無難でしょう。またどんなにオシャレでも過度な露出はNGです。神聖な儀式なのでスカートの丈はひざの高さか少し長いくらいがベストです。また肩や背中を露出する場合にはそのままでいるのではなくボレロやストールなどの羽織もので隠すようにするのがマナーです。まだまだたくさん注意点はありますが、最低限ここを抑えておけば大丈夫でしょう。

着回しできると便利!ドレスの選び方

結婚式に列席する際に多くの女性から人気を集めているワンピースですが、普段着ないからどんなものを選べばいいのか、自分にはどんなものが似合っているのか分からないという人も少なくはありません。お店に行けば華やかなドレスばかりが並んでいるため尚更迷ってしまうでしょう。そういった際の選び方としておすすめなのが「着回しできるかどうか」です。人生で何度こういった慶事に参加できるかは分かりません。そのため毎回ドレスを買ったりレンタルするのはもったいないと感じる人もいるでしょう。購入した1着に対してバッグや羽織ものなどの小物を変えるだけで印象が変わるようなドレスを選ぶと非常に便利です。どんなアレンジがあるのかが分からない場合にはお店の店員さんにアドバイスを仰ぐとより選びやすいでしょう。